ベルギーVSブラジル(試合の占い)

すみません・・

また、試合の占いです・・

日本代表は敗退しましたが、せっかくの4年に一回のビッグイベントなので、もう少しやらせて下さい・・

 

これが、ベルギーVSブラジルの卦になります。

日本があんな負け方をしたので、私的にはベルギーの方がブラジルより興味がありましたので、世爻はベルギーです。

世爻は月の午火に生じられて強いです。

原神の子孫巳火も月に生じられて強いです。

しかし、用神、原神共に空亡で少し弱くなります。

 

次にブラジルの意味のある応爻を見ていきます。

応爻は兄弟卯木があります。

日の申金から剋されて弱いです。

でも、卯木なので世爻を剋しています。

基本的に五行の関係上、剋する側が有利になりますが、日から剋されているので応爻を剋する力が弱いです。

 

そして、世爻は空亡です。

空亡は避けるという意味があり、ブラジルの剋をベルギーが避けるということです。

なので、ブラジルが攻めますが、ベルギーの守りがしのぐということで、ベルギーが勝ちました。

また、応爻のある六爻は最後の爻位であり、退出の意味があるので、ブラジルが脱落したのでしょう。

結果は2対1でベルギーが勝ってベスト4に進出しました。

 

 

2件のコメント

  1. 初めまして、369と申します。五行易を学んでおります。
    十二支の合についての質問です。日晨からの合は合起となり強いと思っていました。

    フランス対ベルギー戦の時、応爻の十二支が合していました。
    日晨からの合は不利な情報となる!と知り戸惑っていました。

    今回のベルギー対ブラジル戦の世爻の原神は、日晨が申で、巳申の合で、不利とはならないのですか?
    合の考え方がよくわかりません。初心者にわかりますように、宜しくお願いいたします。

    1. はじめまして。
      大黒天です。

      ご質問の件ですが、日との相合は基本的には用神にとって不利にはなります。
      日と相合すると、引っ張るという意味になりますので、邪魔される、足を引っ張るなどの意味に解釈出来るからです。

      でも、これは一概には言えません。
      なぜかといえば、十二支同士の相性があるからです。

      確かに、原神である巳火が日と相合して不利になりますが、巳火と申金では巳火の方が強くなりますので、影響は少なくなります。
      また、巳火は空亡です。
      空亡は実体が無いということで、日が相合することが出来ないという解釈にもなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です