占い師を目指すのであれば絶対読むべき本3選!

え?占い師になりたい?

んー、やめといた方がいいと思うけど・・

どうしてもなりたいの?・・じゃあこの本読んでから決めてもいいんじゃないかなぁ・・

 

というわけで、今回は占い師を目指している人向けのオススメ本の紹介です。

 

占いで副業月10万円 年収5千万円を稼ぐ秘策    

                 小野十傳(おの とでん)

占いで副業月10万円―年収5千万円を稼ぐ秘策

中古価格
¥847から
(2017/2/28 22:27時点)  Amazon

もう、これは占い師になるためのガイドブックの古典ともいっていいでしょう。

絶版で中古しかないので、買うならすぐに買ったほうがよいです。

なぜ、この本を紹介するかというと、占い師でどうやって稼いでいくか?という現実的なノウハウが書いてあるからです。

結構古い本ですが、今も占いビジネスの現状はあまり変わっていません。

占い師で収入を増やしていく方法の基本、考え方を知るには良い本です。

 

②占い師になってみました 占い師と売れない師 

                練 八文(れん やおり)

占い師になってみました 占い師と売れない師  Amazon

これは、2016年の出版なので新しい本です。

著者は現在占い師、占いスクールの経営をやっているので、占い業界の現状が良くわかる本です。

占い業界のことをかなりリアルにぶっちゃけた内容になっています。

 

 

なので、これを読んだら占い師になりたくなくなります(笑)。

 

 

でも、あなたが本気でプロの占い師としてやっていきたいのであれば、絶対読んでおくべき本です。

占い師としてデビューしてからのストレスをかなり減らせることでしょう。

 

③「普通がいい」という病   泉谷閑示(いずみや かんじ)

 

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

中古価格
¥271から
(2017/2/28 22:31時点) Amazon

これは、著者が精神科医なのでちゃんとした心理学の本になります。

占い師になってから気づくと思いますが、お客さんは誰にも相談できないから占い師に相談にくるのです。

なので、相談内容はかなりディープなことが多くなります。

 

 

特に多いのは不倫の相談ですね。

 

 

なので、あなたが普通の常識にとらわれていたら、とても相談に乗れません。

たぶん、罪悪感などであなたのメンタルがやられてしまうでしょう。

不倫は世間的に見れば悪いことですよね?

そんなこと、まわりの常識人には相談できないですよね?

だからこそ占い師に相談にきます。

お客さんは不倫などをしてしまったので、結果的にマジョリティ(多数派)からマイノリティ(少数派)になったから相談にくるのです。

だから、一般常識という考え方の枠組みを変える必要があります。

このような理由からこの本を紹介したのです。

たとえ、あなたが占い師を目指してなかったとしても、人間のことを深く理解する上で深い気づきが得られることでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です