ある女性の求職占い

最近はコロナ不況のせいか、求職関係の占い依頼が多いです。最近、興味深い例の結果報告がありましたので、書いていきたいと思います。もちろん許可は取っています。

 

 

ある女性は某会社に求職の申し込みをしていいかと占って、沢風大過水風井に変わりました。

求職なので官鬼を用神とします。

官鬼酉金が卦に再現しています。

月から冲されて月破ですが、日と同じ五行で強めで、世爻を生じる五行で良いです。

世爻は父母亥水で独発して回頭生で、しかも官鬼申金に変わり有利です。

しかし応爻(会社側)が世爻の忌神で、なおかつ官鬼の原神で空亡になるのは良くありません。

隠れた兄弟寅木が日に冲されて堤抜され応爻を剋しているので、木の五行と同時に日の申金は良くない五行になります。

ということは、日の申金は官鬼に対しての良い影響はないということになり、断られる可能性が高いです。

 

結果は断られました。

しかし、世爻がわざわざ独発して官鬼申金に変わります。

動爻は原因で変爻は結果や未来の意味があります。

本卦にある官鬼とは違う十二支になるので、これは違う会社の意味になります。

なので、もっと良いところが近いうちに見つかると思います。

 

五行易メール鑑定

五行易の添削・質問

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です