八卦鏡を寝室に置いたら、老夫婦の霊が吸い込まれた話

開運グッズ3選の記事で、外面太極八卦鏡の話をしました。

その際、不思議なエピソードを体験したので紹介したいと思います。

13年ぐらい前の話です。

外面太極八卦鏡をリボ払いで半ばヤケクソで買った私は自暴自棄にかられていました。

届くまでは、借金してまで買うものなのか?という考えが頭から離れなかったのです。

その邪念を振り払うかのように、飼い猫と狂ったように遊びまくっていました。

 

まあ、そんな話はどうでもいいですけど、とりあえず数日後に八卦鏡が届きました。

 

でかい・・そして、重い・・

総額8~9万円する純銅製の円盤状の物体は名状しがたき鈍い輝きを放っていました。

 

 

とりあえず恐る恐るリビングに置き、しばらくすると独りでに笑いがこみ上げてきました。

フフフフフフフ・・・ふふふふふ・・ハハははは・・・

多分、他人がその光景を見たらさぞ気味悪がったことでしょう。

ひひひひ・・ヒヒヒ・・

10分ぐらいその状態が続き、不思議な笑いが続けば続くほど心と体が深くリラックスしていくのに気づきました。

猫と狂ったように関わった原因である邪念も無くなっていたのです。

 

 

それに気を良くした私は寝室に置いてみようと思いつきました。

何故かというと、頻繁な金縛りに悩まされていたからです。

この借家に引っ越してきてからというものろくな事がありませんでした。

 

例えば、

・引き出しの中から純鉄製の般若の面が見つかる

・となりの家の老人が自死する

・離婚する

・自動車事故を起こし車が半壊する

・別の車のエンジン内部が故障し、新しい車を買う羽目になる

 

などの不運に見舞われていました。

※これは占いを学ぶ前の話です。風水を改善するようになってこんなことは起きなくなりました。

 

話を戻します。

八卦鏡を置いてからは効果抜群で、しばらくは落ち着いて眠れるようになったのですが・・

 

ある日、金縛りが起きました。

 

「えー、またかよ。あした仕事なんだけど勘弁してくれないかなー」

そんなことを思いながら、金縛りが解けるのをしばらく待っていると、左上のほうに青白く光る老夫婦の顔が浮かびあがっていました。

一度目を閉じて居なくなるのを待ちましたが、再び目を開けても依然として老夫婦の顔が浮かんだままです。

 

「なんだよ、何の霊だよ。いいかげんにどっか行ってよ」

・・・

 

「俺になにか関係があるのかな?でも知らない顔だしなあ」

・・・

 

「このやろう!金縛りが解けないから眠れないんだよ!まだ居座る気か?」

・・・

 

いいかげん私は腹が立ってきて「消えろ!!」と頭の中で強く叫びました。

 

すると・・

 

 

 

老夫婦は八卦鏡の中にヒュッと吸い込まれていきました。

 

 

 

「え?何が起こったの?」

私があっけに取られていると、金縛りが解けているのに気づきました。

老夫婦はその出来事以来出てこなくなったのです。

 

 

あの青白く光る老夫婦はどこに行ったのでしょうか?

2件のコメント

  1. こんばんは。。今日発見してご連絡したしだいです。

    ぼくも六爻占術やってるのですが、
    「卦のデ~タを保存するアプリ」はご存知ないでしょうか?

    紹介させていました、スマホ用はだめそうですね、、

    1. 藤野さん、はじめまして。
      管理人の大黒天です。

      今のところ、オススメできるアプリはないですね(汗)

      易占いアプリでは、保存は出来ますが、納甲が出ません。

      アプリの種類に関わらず、保存したいのであれば、スクリーンショットで写真として保存す方法はあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です