子供の性別と吉凶

私はテンションが上がらない時は、自己啓発本を読んで気合いを入れ直します。

最近はアンソニー・ロビンズの「一瞬で自分を変える法」を久しぶりに読み直しました。

いやあ、気合いが入りますね。

 

今回はある30代の男性が、これから生まれてくる予定の子供の性別と吉凶を占った例です。

山風蠱地風升に変わる卦です。

子孫を用神とします。

子孫巳火は五爻に隠れて伏神であり、まだ生まれていません。

子供の性別を判断する方法は、基本的には子孫が強ければ男性、弱ければ女性になりやすいです。

この卦だと、月が卯木で子孫巳火を生じて強くなりますが、日は子水なので剋されます。

その上、飛神が子水で忌神になり若干弱いです。

十二支も巳火なので、陰の十二支です。

原神の兄弟寅木が発動してしますが、回頭剋になりつつ月破になり弱くなります。

また、兄弟寅木は陽から陰に変わり、変爻は結果を意味して、これらのことを総合的に考えれば、女の子の可能性が高いです。

 

ではいつ産まれてくるかですが、占った時点ではすでに妊娠6ヶ月ぐらいとわかっていました。

子孫巳火が伏神で隠れているので、実(巳火)か冲(亥水)か、伏神の子水を冲する午火が応期になります。

そうすれば、現実的に考えれば応期は巳月か午月ぐらいです。

伏神は子水であり、これは巳火にとっては胎の地であり、すなわち胎盤や子宮を意味します。

出産の占いの場合には体内から子供が出る(離れる)というのが重要になりますので、相冲が応期になりやすいです。

※反対に相合なら体外に出にくいということで、難産になりやすいです。

午火だと子水を冲して、伏神を外に出しやすいです。

なので、午月に生まれるでしょう。

 

結果:

午月亥日寅刻に女の子が生まれました。

※亥日は巳火を冲して、原神の寅木と相合します。寅刻は原神の寅木と一致する十二支でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です