五行易占例:大津VS青森山田(高校サッカー決勝)

先日の高校サッカー決勝戦、大津VS青森山田の試合結果を占いました。

 

 

世爻を大津、応爻を青森山田にしました。

何故かといえば、私に出身が九州だからです。

世爻は回頭生ですが、月破で変爻が日に冲されて弱いです。

六爻の子孫巳火が日に冲されて暗動して世爻を生じていますが、肝心の世爻が月破なので助けを得られません。

応爻は日に生じられて強くて発動して進神で、世爻を剋して応爻がかなり有利です。

応爻の忌神である官鬼酉金が発動していますが、月破に変わって応爻を剋することが出来くなります。

また、応爻が忌神である場合には例え忌神が弱くても世爻は不利になりがちです。

よって青森山田が勝つでしょう。

 

結果

青森山田が4対0で勝ちました。

 

 

 

 

 

3件のコメント

  1. 大黒天様
    2022年もよろしくお願いいたします。
    応爻の寅ですが、『応爻は日に生じられて強くて発動して進神で、世爻を剋して応爻がかなり有利です。』とありますが、日辰の亥と用神の寅は合しています。
    合は引っ張り合うところから、この場合は合住ではないのですか?

    1. 確かに合住ですが、日は亥水で応爻に有利な合住です。これは勝敗が確実に決まる試合であり、明確に応爻のほうが強いので、青森山田が勝ったのでしょう。

      1. 大黒天様
        合には生合、剋合がありますが、『有利な合住』って言うのがあるのですね、
        いつもありがとうございます。参考になりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です